函館は歴史ロマンに彩られた町並みが魅力
北海道の玄関口「函館」エリアの観光音声ガイド

函館エリア紹介
TOURIST Guide編集部
吉川雅子

函館エリア紹介

はこだて
keyboard_arrow_down

函館は、人口およそ26万人を抱える札幌、旭川に次ぎ北海道内では3番目に大きな都市です。
地名の由来は、函館山の北斜面にあたる、宇須岸に築いた館の形が、箱に似ていることから「箱館」と呼ばれるようになったという説があります。
ペリーの浦賀来航の翌年、1854年に江戸幕府がアメリカと日米和親条約を結んだ際、函館港はアメリカ船舶への物資の補給港として開港し、1858年の日米修好通商条約締結を受けて、国際貿易港を抱える都市に変貌しました。
開港後は異国文化が入り、これまでの日本家屋に混じって、洋風の建物が点在する、異国情緒あふれた美しい街並みの都市となりました。
またレンガ倉庫群が並ぶベイエリアは、響き渡る汽笛の音とともに港町ならではの風情を醸し出しています。
この港に向かっていくつもの坂道が並ぶのも函館独特の景観です。
港から見上げれば、坂道の背後にあるのが函館山。そこから見下ろす夜の市街は、「100万ドルの夜景」とも呼ばれたほどの美しさです。歴史とロマンの港町、さっそく散策です。


函館山ロープウェイ

A 函館山ロープウェイ

五稜郭公園

B 五稜郭公園

五稜郭タワー

C 五稜郭タワー

函館元町

D 函館元町

函館市青函連絡船記念館摩周丸

E 函館市青函連絡船記念館摩周丸

箱館奉行所

F 箱館奉行所

函館八幡宮

G 函館八幡宮

立待岬

H 立待岬

恵山

I 恵山

トラピスチヌ修道院

J トラピスチヌ修道院

函館朝市

K 函館朝市

スポット紹介

函館山ロープウェイ

はこだてやまろーぷうぇい

函館山ロープウェイ
keyboard_arrow_down

標高334メートル、函館市街の南西に位置する函館山。牛が寝そべる姿に似ているため臥牛山(がぎゅうざん)とも呼ばれ、麓から山頂を結んでいるのが、函館山ロープウェイです。
開業したのは1958年(昭和33年)で、当時のゴンドラは定員31人、現在は5代目で125人乗りです。
昼間は港町の全景を、そして夜は、市街の照明が、まるで散りばめた宝石ように輝く夜景に、誰もが目を見張ります。
この函館山は、日清戦争が終結した後から旧陸軍が函館湾の防衛拠点として整備する計画をまとめ、1898年から要塞建設が始まったことで、山全体が軍事機密の対象となりました。
このため一般人の入山禁止だけでなく、写真撮影やスケッチ、さらには話題にすることすらも厳しく制限され、秘密のベールに閉ざされてきたのです。
そして戦後の1946年10月に、ようやく市民に開放され自由に入山できるようになりました。
長期間にわたり一般人の出入りがなかったため、約600種の植物と150種の野鳥が分布・生息する貴重な自然の宝庫となりました。

五稜郭公園

ごりょうかくこうえん

五稜郭公園
keyboard_arrow_down

五稜郭は、江戸時代末期に、幕府が北方防衛を目的として築城を計画して1866年に完成しました。
外に向かって突き出した角の部分のことを「稜堡」といい、それが五ヶ所設置されて、星形に見えることから「五稜郭」と呼ばれるようになりました。
その造りは近世ヨーロッパ式城郭に特徴的な構造で、異文化を多く取り入れ始めた函館ならではの城ともいえます。
箱館を半年間にわたって戦火に包んだ箱館戦争では、旧幕府軍の拠点となり、榎本武揚や土方歳三をリーダーとする陸軍部隊が戦った舞台としても知られています。
戦争終結後の1871年には解体され、広場となった跡地は明治の陸軍の練兵場として使用されましたが、1914年には公園として一般開放されました。以来、市民や観光客の憩いの場となっています。
そして築城から100年を記念して1964年に、高さ60メートルの五稜郭タワーが完成し、2006年にはさらに高い107メートルの二代目タワーが誕生しました。
また公園には約1600本の桜が植えられ、桜の名所としても知られています。

五稜郭タワー

五稜郭タワー

五稜郭タワー
keyboard_arrow_down

五稜郭タワーは、五稜郭築城100年目の1964年に完成され、2006年(平成18年)に老朽化により解体し、現在のタワーが同年にオープンされました。
高さは107メートル、五稜郭をイメージした五角形の展望台は二階構造で、上部の高さは90メートル、360度で函館市内を見渡せます。
また2階の展望台には歴史回廊があり、五稜郭が完成するまでのプロセスや、幕末明治の激動に運命をゆだねた人物らの生きざまなど、歴史ファンでなくても惹きつけられます。
五稜郭といえば新選組の土方歳三が有名ですが、この展望フロアと1階のアトリウムには土方のブロンズ彫像が鎮座しており、いずれも精悍さとスマートさが漂い、フォトジェニックとしても人気です。
また、冬に行われる「五稜星の夢イルミネーション」では、2,000個の電球で堀の周囲をライトアップして、展望台から見る光の星が、夜景の街・函館に彩を添えています。
積雪があればさらに輝きが増す冬のイベントです。

函館元町

はこだてもとまち

函館元町
keyboard_arrow_down

1854年のペリー来航に伴って締結された日米和親条約により、函館元町には多くの外国人が住み始めました。
その後、国際貿易港として開港した函館には奉行所が置かれ、函館は行政の中心地と位置付けられるようになりました。元町地区ではロシア、イギリス、フランス、アメリカなど各国の領事館や近代的な洋館、西洋文化の象徴とも言える教会などが多く建ち並び、和洋が入り混じり、異国情緒あふれる街並みです。
元町地区は函館山の麓に位置し、石畳の坂道に沿って建物が並んでいることから「坂の街」とも言われています。
これは相次いだ火災を教訓に、函館山から麓に至る道を一直線にする街づくりによるもので、その結果、坂の上から函館港までまっすぐ見おろせる景観を生みました。
数ある坂の中で最も人気なのが八幡坂です。両脇に街路樹があり石畳の道路先には、函館港の埠頭があり、終航した青函連絡船・摩周丸が見え、夜景と並び函館を代表する景色です。

函館市青函連絡船記念館摩周丸

はこだてしせいかんれんらくせんきねんかん ましゅうまる

函館市青函連絡船記念館摩周丸
keyboard_arrow_down

摩周丸は、本州と北海道を結んでいた鉄道連絡船のうちの一隻です。
1965年に就航した摩周丸は2代目で、初代摩周丸が引退した翌年に高速近代化船・津軽丸型の第5番船として建造されました。津軽丸型連絡船は、函館・青森間の所要時間を、これまでの4時間半から3時間50分に短縮し「海の新幹線」と呼ばれました。
50年以上前につくられた船ですが、あらゆる部分で操船の自動化(コンピュータ制御化)がはかられ、現代のGPSに相当する現在位置測定システムや衝突防止装置も搭載、人間が機器を操作するのは出入港時だけでした。
また、航海速力にも余裕がもたせてあり、20分程度であれば列車の遅れを海上でとりもどすことができました。
1988年青函トンネル開通とともに青函連絡船は終航となりました。
函館港で余生を過ごすように、博物館船となった摩周丸は、現役時代そのままの設備や機材なども公開され、関心を集めています。
実際に運航に携わっていた元船長のガイドツアーも行われており、知られざるエピソードにも驚かされます。昭和の貴重な遺産として後世に伝えたい歴史です。

箱館奉行所

はこだてぶぎょうしょ

箱館奉行所
keyboard_arrow_down

箱館奉行所は江戸時代、ロシア軍艦の南下など外国の脅威が高まる中で、北方警備と開港後の対外折衝、いわゆる外交と防衛を兼ねた役割を担っていました。
1803年に初めて函館山の麓に設置しましたが、防衛上の理由などで1864年に五稜郭に新築移転しました。
しかし、箱館戦争で被災したあと解体されたので、建物はわずか7年の短命でした。
戦後、復元の機運が盛り上がり、残った資料や発掘調査など研究とパリのアンティークショップで見つかった奉行所外観の写真が再建の決め手になりました。
屋根瓦の枚数もわかるほどの鮮明さで、五稜郭完成から約140年の時を超えて2010年に同じ場所に、当時の三分の一の規模で甦ったのです。
江戸時代に倣って、木材は東北地方から調達し、建物の特徴である港を監視するための屋根中央から突き出した、高さ16.5メートルの太鼓櫓(たいこやぐら)も忠実に再現されています。
さらに72畳敷の大広間と奥の座敷は、外国要人との会談や接遇に使用するため、格式高い造りになっており、国益をかけた緊張感あふれる交渉シーンが想像できるスポットです。

函館八幡宮

はこだてはちまんぐう

函館八幡宮
keyboard_arrow_down

 函館八幡宮は1445年、河野加賀守政通(こうのかがのかみまさみち)が館(たて)の東南に八幡宮を祀ったことに始まり、明治時代になって現在の谷地頭(やちがしら)に移されました。
北海道への移住者が急増していた時期で、物流拠点となる港を抱え、開拓だけでなく航海や漁業の守り神として開拓道民の心の拠り所となり、地域の信仰を集めてきました。
 現在の社殿は大正4年に完成しました。
屋根が複雑に組み合わされ、いくつもの棟がつながっているように見える、聖帝八棟造り(しょうていやつむねづくり)という外観が特徴です。
函館山の豊かな自然に恵まれ、桜の開花時期からは新緑と混じって港の景観がより美しく輝きます。
そして最も盛り上がるのが、年に一度の例祭で、毎年8月中旬に開催する2日間のお祭りで、境内には露店も出そろい賑やかになります。
そして隔年ごとに行うのが神輿渡御(みこしとぎょ)です。
重さ1.5トンの神輿が市民に担がれ市内を練り歩いた後、134段の階段を上る「階段かけのぼり」は、担ぎ手のパワーがさく裂する大迫力。
北国の短い夏を惜しむかのような勇壮な祭りです。

立待岬

たちまちみさき

立待岬
keyboard_arrow_down


函館山の南東に突き出ている津軽海峡に面した岬が「立待岬」で、高さ約30メートルの断崖で晴れれば下北半島も見渡せる景観が特徴です。
江戸時代から明治にかけては、沖合を航行する外国船を監視して、函館山要塞を後方から守る砲台陣地として軍事拠点の役割もありました。
石川啄木や啄木と親交があった与謝野晶子の像や歌碑もあり、明治の文学者を惹きつけたこの場所は、ハマナスの名所でもあり、夏になると一角が鮮やかなピンクに彩られます。
一方、函館の夜景が楽しめるポイントとして知られており、沖合で操業するイカ釣り船の漁火は、煌めくような函館市街とは対照的に、水平線上に光り輝く点の連なりはどこか幻想的です。対岸の下北半島のほんのり輝く灯火も旅情を掻き立てる景色で、異国情緒の中心街から少し離れた、荒々しい波が打ち寄せる絶壁は、港町・函館のもう一つの顔と言えます。

恵山

えさん

恵山
keyboard_arrow_down

渡島半島の東端から津軽海峡に飛び出したようにそびえたつのが恵山で、5万年ぐらい前に始まった火山活動で形成されました。
アイヌの言葉で「溶岩が噴出する山」を意味し、1874年の小規模噴火を最後に活動は沈静化していますが、今も八か所の火口から噴煙が上がる活火山です。
標高は618メートルですが、海に面しているため海流の影響で霧が発生しやすい上に、日照時間も短いので、厳しい植生環境は本州の2000メートル級の山に匹敵します。
このため麓を彩るエゾヤマツツジなどの植物群とは対照的に、頂上付近は赤茶けた土や石が続く荒涼とした岩場となっています。しかし晴れると周囲の絶景が広がり、北には北海度の名峰・羊蹄山、東に日高山脈、そして南は津軽海峡から下北半島まで望め北海道の雄大な自然を眺望できます。
山頂へのアプローチは、登山口から直接登ればおよそ2時間半、火口原駐車場まで車で行き、そこから歩くと標高差はわずか310メートル、およそ1時間10分で山頂です。
煙や硫黄の臭いもありますので、安全登山を心がけましょう。

トラピスチヌ修道院

とらびすちぬしゅうどういん

トラピスチヌ修道院
keyboard_arrow_down

1898年(明治31年)にフランスから派遣された8人の修道女が設立した日本で最初の厳律シトー会系の女子修道院がトラピスチヌ修道院です。
「トラピスチヌ」という名はフランスの「トラップ修道院」の厳しい規律に従う厳律シトー修道会、修道院の場所の名を取ってトラピスチヌと呼ばれるようになったとされています。建築当時は木造の修道院でしたが、1903年の大嵐で修道院は崩壊。
その2年後に新しくレンガ造りの2階建ての本館正面、聖堂が完成しましたが、1925年に発生した火災で焼失しました。再建を繰り返し現存している建物は、1927年に義援金や各修道院からの寄付金により再建された建物ですが、戒律を重んじるため立ち入りは前庭までという制限があり、クリスマスミサの参加以外は内部を見ることはできません。
半円のアーチ型の窓、レンガ造りの外壁などゴシックとロマネスクの混ざったデザインが印象的な修道院です。

函館朝市

はこだて あさいち

函館朝市
keyboard_arrow_down

観光の途中でお腹が空いた、あるいは地域の名物を朝食でという方にふさわしいのが函館朝市です。函館駅にほど近い場所、1万坪の敷地にはイカやウニなど新鮮な海産物から水産加工品、野菜は果物などを扱う250軒の店舗がひしめいています。
戦後は野菜の立ち売りから始まった市場は、地域の台所としてだけでなく、観光客のお腹を満たす場所へと変貌しました。
従来からある路面店に加え、雨や雪の時でも気軽に立ち寄れる「函館朝市ひろば」は、生産者と直接会話できるお店もあり、美味しい食べ方を教えてもらえて試食をしながらの買い物は大変魅力的です。
また、「函館朝市どんぶり横丁市場」では、獲れたばかりの旬の魚介類をその場で調理して食べさせてくれるお店や、出汁と具材に海鮮素材を使ったラーメン店、さらにお土産の直売店もあり、業者の方や大勢の観光客で賑わっています。
ただし、早朝に開店しますが、午後2時~3時には閉店になるお店もありますので、ご注意ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県