函館市青函連絡船記念館摩周丸

はこだてしせいかんれんらくせんきねんかん ましゅうまる

函館市青函連絡船記念館摩周丸
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2019年06月06日
TOURIST Guide編集部
吉川雅子
keyboard_arrow_down

摩周丸は、本州と北海道を結んでいた鉄道連絡船のうちの一隻です。
1965年に就航した摩周丸は2代目で、初代摩周丸が引退した翌年に高速近代化船・津軽丸型の第5番船として建造されました。津軽丸型連絡船は、函館・青森間の所要時間を、これまでの4時間半から3時間50分に短縮し「海の新幹線」と呼ばれました。
50年以上前につくられた船ですが、あらゆる部分で操船の自動化(コンピュータ制御化)がはかられ、現代のGPSに相当する現在位置測定システムや衝突防止装置も搭載、人間が機器を操作するのは出入港時だけでした。
また、航海速力にも余裕がもたせてあり、20分程度であれば列車の遅れを海上でとりもどすことができました。
1988年青函トンネル開通とともに青函連絡船は終航となりました。
函館港で余生を過ごすように、博物館船となった摩周丸は、現役時代そのままの設備や機材なども公開され、関心を集めています。
実際に運航に携わっていた元船長のガイドツアーも行われており、知られざるエピソードにも驚かされます。昭和の貴重な遺産として後世に伝えたい歴史です。

スポット詳細情報
location_on

〒040-0063

北海道函館市若松町12番地先

電話番号

0138-27-2500

スポット種類

モニュメント、ミュージアム

営業時間

夏季(4月~10月)8:30~18:00、冬季(11月~3月)9:00~17:00

定休日

無休

料金

大人 500円 小 中高生 250円

交通手段

R函館駅から徒歩4分、市電 函館駅前電停から徒歩5分

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県