函館山ロープウェイ

はこだてやまろーぷうぇい

函館山ロープウェイ
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2019年06月06日
TOURIST Guide編集部
吉川雅子
keyboard_arrow_down

標高334メートル、函館市街の南西に位置する函館山。牛が寝そべる姿に似ているため臥牛山(がぎゅうざん)とも呼ばれ、麓から山頂を結んでいるのが、函館山ロープウェイです。
開業したのは1958年(昭和33年)で、当時のゴンドラは定員31人、現在は5代目で125人乗りです。
昼間は港町の全景を、そして夜は、市街の照明が、まるで散りばめた宝石ように輝く夜景に、誰もが目を見張ります。
この函館山は、日清戦争が終結した後から旧陸軍が函館湾の防衛拠点として整備する計画をまとめ、1898年から要塞建設が始まったことで、山全体が軍事機密の対象となりました。
このため一般人の入山禁止だけでなく、写真撮影やスケッチ、さらには話題にすることすらも厳しく制限され、秘密のベールに閉ざされてきたのです。
そして戦後の1946年10月に、ようやく市民に開放され自由に入山できるようになりました。
長期間にわたり一般人の出入りがなかったため、約600種の植物と150種の野鳥が分布・生息する貴重な自然の宝庫となりました。

スポット詳細情報
location_on

〒040-0054

北海道函館市元町 19-7

電話番号

0138-23-3105(総合案内)

スポット種類

駅・乗り物、夜景スポット、自然

営業時間

始発10時~下り最終22時(4月25日~10月15日)
始発10時~下り最終21時(10月16日~4月24日)

定休日

無休(天候により運休あり)
※10月中旬頃より整備・点検のため運休期間あり

料金

大人往復 1280円 / 片道 780円 小人 往復 640円 / 片道 390円

交通手段

函館空港から車またはタクシーで30分

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県