海に親しむおしゃれな町!
「三浦・葉山」エリアの観光音声ガイド

三浦・葉山エリア紹介
TOURIST Guide編集部
西貴輝

三浦・葉山エリア紹介

みうら・はやま
keyboard_arrow_down

三浦・葉山エリアは、神奈川県の南東部に位置する三浦半島に広がる地域で
その地形は起伏に富んでおり、水田が極端に少ない地でも知られます。
反対に野菜畑は非常に多く、三浦大根やスイカなどの特産物が有名です。
その他、ブランド魚である松輪サバ(まつわさば)も有名ですし、三崎地域は日本有数のマグロの水揚げ高を誇ります。
丘陵が多く、富士山や伊豆半島まで望めて、海の町でありながら、魚の水揚げはありません。
それでも、葉山近海で獲れた「はやましらす」は特産で、小学校の給食にも出されます。
また、葉山は皇室の御用邸(ごようてい)があった地でも知られています。
葉山御用邸(はやまごようてい)は、大正天皇崩御や昭和天皇践祚(せんそ)の地ということで、まさに時代が変わった三浦・葉山は、見どころたくさんの観光地です。


秋谷立石海岸

A 秋谷立石海岸

チャッキラコ

B チャッキラコ

城ヶ島

C 城ヶ島

小網代の森

D 小網代の森

京急油壺マリンパーク

E 京急油壺マリンパーク

毘沙門湾

F 毘沙門湾

スポット紹介

秋谷立石海岸

あきやたていしかいがん

秋谷立石海岸
keyboard_arrow_down

秋谷・立石(あきや・たていし)海岸は、三浦エリア北部の横須賀市にある海岸です。
木造の階段が人気の前田川遊歩道をはじめ、文豪泉鏡花(いずみ きょうか)の小説『草迷宮(くさめいきゅう)』の舞台になった場所として知られています。
海岸の中で最も評判なのは、高さ12メートル、周囲約30メートルの隆起岩「立石」です。その迫力の自然景は見事で、かながわ景勝50選にも挙げられます。
立石は、その存在自体さることながら、海に張り出す「ぼんてん」なる岩場がメインスポット。
岩場には、立石をはじめ一本松なども生え、実に絵画的な構図で、同地のクライマックスは、朝夕に訪れます。
気候に恵まれると富士山を望むことができます。
特に富士山頂に太陽が重なり、ダイヤモンドのような輝きを放つ瞬間は見事です。
カメラマンの姿も多く、思い思いに海岸風景を満喫できる、この海岸では、バーベキューも可能ですので、マナーを守って絶景を楽しみたいですね。

チャッキラコ

ちゃっきらこ

チャッキラコ
keyboard_arrow_down

チャッキラコとは、三崎地域に伝わる小正月の伝統行事で、女性のみが参加でき、年中さんから小学校6年生までの女児が主役です。
毎年1月15日の朝、海南神社(かいなんじんじゃ)の前で家内安全や大量祈願をこめて舞うこの行事では、晴れ着をまとい、扇を手に取り、20メートルほどの竹の両端に五色の短冊を下げます。
さらに小鈴を付けて、「チャッキラコ」や「よささ節」など6種類の歌を歌います。
行事の名前も歌の題名からで、チャッキラコの起源は、諸説ありますが、頼朝がこの地を訪れた際、磯釣りをしていた親子に踊りを要求したところ、母親は「私は老いているため、娘に躍らせる」と伝え、娘が小竹を持って踊る横で、母が歌を歌ったのが始まりとされています。
その歴史は現在でも紡がれており、チャッキラコでは楽器を一切使わず、音頭取り役の女性の歌に合わせて踊るのです。なんとこの行事はユネスコの無形文化財にも登録され、まさに葉山が誇る世界の行事なのです。

城ヶ島

じょうがしま

城ヶ島
keyboard_arrow_down

県下最大の自然島として知られ、東西南北に岬を持ち、北は鄙びた(ひなびた)漁港風景が広がり、南には一転して自然の原風景で、冬になると、海鳥「ウミウ」が渡来し、神奈川県指定の天然記念物にもなっています。
城ヶ島の名は源頼朝によって名付けられ、戦時期には砲台が設けられました。
要塞としての立場上、城ヶ島の存在を知られてはならず、戦時中は隠されていたと伝わっています。
観光スポットとしては、波の浸食で岩がメガネ状にくり抜かれた「馬の背洞門」があり、かつては小舟で通過できた洞門は、インスタ映えのスポットとして有名です。
また、城ヶ島を愛した人物として、作家北原白秋は欠かせません。
作品『城ヶ島の雨』では城ヶ島を舞台としており、三崎小学校の校歌を作詞するなど、関わりは深く、白秋が生前、歌碑の建立を許可したのは三崎にある「見桃寺」と城ヶ島のふたつのみとなっています。
文人に認められ、自然景豊かな城ヶ島は、潮の香に包まれた別天地です。

小網代の森

こあじろのもり

小網代の森
keyboard_arrow_down

小網代の森は、三浦半島の先端に位置する70ヘクタールで東京ドームで約15個分の大きさです。
森の中央は付近を流れる浦の川の集水域になっており、森林や湿地、干潟から海まで備える「関東地方唯一の自然環境」として知られており、エコツーリズムの観光地としても注目されています。
森には絶滅危惧種も含め2,000種以上の生物が生息しており、散策を楽しみながらたくさんの生物を見つけることができます。
散策路には、ヤナギテラスやエノキテラスなど、休憩スポットもあり、エノキテラスからの小網代(こあじろ)湾景は評判です。
なかでも、小網代の森は小ぶりのカニ、アカテガニの宝庫で散策路には「カニのアパート」と呼ばれる地域があり、アカテガニが集団で暮らしています。
また、干潟ではカニの求愛ダンスを見ることができ、毎年夏ごろに「アカテガニ放仔(ほうし)観察会」が開催されます。
アカテガニは大潮の夜、一斉に海岸へ集まり、お腹の子を海に放ちます。
その様子を皆で見守る、そんな観察会で自然の神秘を体験するのも貴重ですね。

京急油壺マリンパーク

あぶらつぼまりんぱーく

京急油壺マリンパーク
keyboard_arrow_down

京急油壺マリンパーク(けいきゅう・あぶらつぼまりんぱーく)は、1968年に開館した歴史ある水族館です。
相模湾を一望できる開放的な園内では、エリアごとに様々な生き物や珍しい展示を見ることができます。
30の水槽を4つのテーマに分けて紹介する水族館「魚の国」には、大型のサメが遊泳する視界360度の「回遊水槽」や貴重な標本展示などの見どころも満載。
屋内大海洋劇場「ファンタジアム」は完全屋内のため、天候を気にせず快適に、ミュージカル仕立てのコミカルな「いるか・あしかパフォーマンス」を楽しめます。
緑に囲まれた「かわうその森」では、可愛らしいしぐさで大人気のコツメカワウソをはじめ、水辺の生き物やフクロウ・モモンガなどの希少動物も暮らしています。
様々な生き物たちとのふれあい・エサやり体験プログラムも充実しています。
カワウソが指を握ってくれる人気の体験「カワウソにお魚あげて指タッチ」など、有料・予約制なので事前にホームページなどで確認しましょう。
また、園内には三崎マグロのレストランやお土産・オリジナルグッズを扱うショップもあり、一日楽しむことができます。

毘沙門湾

びしゃもんわん

毘沙門湾
keyboard_arrow_down

毘沙門湾(びしゃもんわん)は、三浦半島の南端にある小さな湾で、かながわの景勝50選にも選ばれ、「三浦・岩礁のみち」など、散策路も通っています。
毘沙門の地域は波の浸食でできた洞窟が多数存在しており、洞窟の穴の奥にお釈迦様の姿があり、独特な雰囲気を味わえます。
また、毘沙門洞窟弥生時代住居址群(びしゃもんどうくつやよいじだいじゅうきょしぐん)では、漁労具なども多く発掘されており、歴史的な意義も深い場所です。
遊歩道を進んでいくと、ひときわ高い断崖「盗人狩(ぬすっとがり)」が現れます。
その昔、追われた盗賊が断崖の先まで進み、下をのぞくと高さが30メートルもありました。
盗賊は思わず足がすくみ、難なく捕らえられたとの民話があり、盗人狩の名はその民話から付けられたと言われています。
あまり知られていないスポットとしては、毘沙門湾へ向かう途中にあり、三浦七福神で仏法の守護神とされる「白浜毘沙門天(しらはまびしゃもんてん)」の慈雲寺(じうんじ)があります。
普段は無人ですが、正月のみ有人となり、御朱印(ごしゅいん)をいただくことができます。
また、毘沙門湾には茶屋もあり、いろりでいぶした焼き魚を食べることが可能で、隠れた名物として知られています。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県