旧岩崎邸庭園

きゅういわさきていえん

旧岩崎邸庭園
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2019年06月25日
TOURIST Guide編集部
吉川雅子
keyboard_arrow_down

旧岩崎邸庭園は三菱財閥の創始者・岩崎弥太郎の長男・久弥が三代目・岩崎家当主の邸宅として建てた家屋などから成り、2001年(平成13年)に都立庭園として開園しました。
建物が完成したのは、明治維新からおよそ30年たち、日本が近代化の道を突き進んでいた1896年です。
往時には約1万5,000坪の敷地に、20棟もの建物がありましたが、現在は3分の1の敷地となり、家屋は洋館、撞球室と呼ばれるビリヤード場、和館大広間の3棟が残され、これらは庭園とともに国の重要文化財に指定されています。
ひときわ目を引く洋館は、イギリス人建築家のジョサイア・コンドルが手掛けており、木造二階建て160坪で、カントリーハウスと呼ばれる英国貴族の館に、イスラム様式を思わせるドーム屋根を備えた外観が特徴です。
岩崎家の賓客を迎える迎賓館として使われ、重厚さと緻密さを備えた内装が、当時の華やかな世界を想像させます。

スポット詳細情報
location_on

〒110-0008

東京都台東区池之端1-3-45

電話番号

03-3823-8340

スポット種類

公園・庭園、国宝・重要文化財

開園時間

9:00~17:00(最終入園は16:30)

定休日

年末年始(12月29日~1月1日)

料金

一般 400円 65歳以上 200円

交通手段

東京メトロ・千代田線 湯島駅下車徒歩3分

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県