難波宮跡(難波宮跡公園)

なにわのみやあと(なにわのみやあとこうえん)

難波宮跡(難波宮跡公園)
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2019年02月14日
TOURIST Guide編集部
渋谷朋子
keyboard_arrow_down

古代の都といえば、奈良の平城京、京都の平安京などが有名ですが、大阪にも都があったことをご存知でしょうか。
大阪の街中に突如現れるぽっかりと開けた空間。ここはかつての都、難波宮(なにわのみや)の跡地です。
645年、孝徳天皇は飛鳥から難波(なにわ)へ都を移し、大規模な宮殿を造営しました(前期難波宮)。
その後、都は飛鳥に戻りましたが、時を経た725年ころから、聖武天皇(しょうむてんのう)により再び難波に宮殿が築かれ(後期難波宮)、744年には再び都が置かれます。
翌年、都は別の場所に移されますが、難波はその後も「副都」として栄えました。
公園にある平たい石(凝灰岩)製の台のようなものは、後期難波宮の大極殿に使用されていた「基壇」と呼ばれる土台を復元したもの。丸い柱の位置が見てとれます。
また、西側には前期難波宮の八角殿を模した赤い柱の藤棚(ふじだな)があります。
現在、史跡としての整備を行っている途中ですが、近隣の大阪歴史博物館から史跡の全体を見渡すことができます。
また詳しい展示が設けられており、大極殿の実物大模型は必見です。
博物館の外には、古墳時代の高床倉庫も1棟復原されています。

スポット詳細情報
location_on

〒540-0006

大阪府大阪市中央区法円坂1

電話番号

[大阪歴史博物館]06-6946-5728

スポット種類

城・城跡、公園・庭園

交通手段

地下鉄谷町線 谷町四丁目駅7番出口から徒歩5分
JR森ノ宮駅から徒歩12分

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県