日本科学未来館

にっぽんかがくみらいかん

日本科学未来館
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2019年10月28日
TOURIST Guide編集部
吉川雅子
keyboard_arrow_down

日本科学未来館は、科学技術を「文化」のひとつとしてとらえ、語り合う場として2001年に開館しました。
宇宙飛行士の毛利衛氏が館長を務めるこの施設のもっともユニークな点は、科学コミュニケーターの存在。彼らの重要な仕事は、科学者や技術者と一般の方々をつなげることです。
来館者と直接話をしたり、ワークショップやトークセッションのイベントでは、科学トピックを分かりやすく伝え、研究者と一般の方の橋渡し役になっています。
また、ここで知り得たことをもとに来館者が考えた意見を、研究者へ伝えるのも彼らの役割。未来館を訪れたら、展示の見学とあわせて、科学コミュニケーターとも話してみてください。ちなみに、科学コミュニケーターの一員として、二足歩行ロボットの「ASIMO(アシモ)」も働いており、1日に4回実演があります。
「インターネット物理モデル」や、「100億人でサバイバル」「未来逆算思考」など、どの展示も「世界のとらえ方」のヒントを投げかけ、見た人みんなが自分で考えるような仕組みとなっています。料金は別途必要ですが、パーソナルモビリティ「UNI-CUB(ユニカブ)」の体験もおすすめです。

スポット詳細情報
location_on

〒135-0064

東京都江東区青海2-3-6

電話番号

03-3570-9151(10:00~17:00)

スポット種類

ミュージアム

営業時間

10:00~17:00
※入館券の販売は閉館30分前まで

定休日

火曜日(火曜日が祝日の場合は開館)、年末年始(12月28日~1月1日)
※施設保守のための臨時休館日あり
※春・夏・冬休み期間等は火曜日も開館する場合あり

料金

[常設展]大人 620円 18歳以下 210円 6歳以下の未就学児 無料
※土曜日は18歳以下無料
※企画展、ドームシアターガイアは別料金(HP参照)

交通手段

ゆりかもめ 東京国際クルーズターミナル駅から徒歩約5分、
テレコムセンター駅から徒歩約4分
りんかい線 東京テレポート駅から徒歩約15分
無料巡回バス「東京ベイシャトル」で①日本科学未来館下車すぐ
その他、路線バスなどHP参照

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県