大湯沼

おおゆぬま

大湯沼
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2019年04月12日
TOURIST Guide編集部
西貴輝
keyboard_arrow_down

大湯沼を見下ろすと、北西に白く荒々しい岩肌がむき出しになった日和山が目に入ります。大湯沼はこの日和山が噴火した際に、山の一部が吹き飛ばされてできた爆裂火口。水深22メートルの沼の底からはおよそ130度の熱湯が湧き出しており、水面近くになると40から50度まで下がります。季節によってはもうもうと白い湯気が立ちのぼり、熱気が肌に直接伝わる地獄の沼のような光景を見ることができるでしょう。
大湯沼の駐車場を挟んだ東側には、もうひとつの爆裂火口跡(ばくれつかこうあと)、奥の湯があります。直径はおよそ30mで、大湯沼と比べるとずいぶん小さいものの、表面温度は75から85度と非常に高温です。
なお、大湯沼から流れ出た湯は川となって徐々にその温度を下げ、大湯沼川(おおゆぬまがわ)探勝歩道沿いに設けられた足湯で直接入ることができます。天然の足湯で濃厚な硫黄泉をぜひお試しください。

スポット詳細情報
location_on

〒059-0551

北海道登別市登別温泉町

電話番号

[登別国際観光コンベンション協会]0143-84-3311

スポット種類

自然、温泉地・温泉街

定休日

[大湯沼駐車場]冬季閉鎖

交通手段

JR登別駅から道南バス「登別温泉行き」で約15分、登別温泉ターミナル下車、徒歩約30分
地獄谷から徒歩約20分

公式HP

[登別国際観光コンベンション協会]http://noboribetsu-spa.jp/see_activitie/oyunuma/

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県