カトリック紐差教会

カトリック紐差教会

カトリック紐差教会
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2020年11月13日
TOURIST Guide編集部
keyboard_arrow_down

紐差教会(ひもさしきょうかい)は平戸島(ひらどじま)のほぼ中央部、紐差湾を見下ろす小高い丘に位置し、明治初期の教会堂の建築後、1932年(昭和4年)の改修を経て現在の形になりました。
鉄筋コンクリート造りで、半円形を多用したロマネスク様式の外観は、堂々とした雰囲気がありながら、白亜の壁が優しさを感じさせてくれます。
被爆して倒壊した浦上天主堂(うらがみてんしゅどう)が再建されるまでは日本で一番大きな教会でした。
また平戸島(ひらどじま)のカトリック信徒の4割が所属しており、信徒たちの心の拠り所にもなっています。礼拝堂が二階にあるのが特徴です。
白いアーチが連なる柱は中世ロマンを感じさせ、背後の壁と天井には、ツバキなどの花柄模様が描かれています。
そしてステンドグラスから入る光と混じり、鮮やかな彩空間を作っています。教会建築を数多く手がけた鉄川与助の設計の一つですが、生涯仏教徒だった鉄川のコラボのセンスによるのかもしれません。
また表には聖マリアに祈りをささげる信者らを模った像の置かれた庭園があり、後方の田園風景に重なる眺めは癒された気分になります。

スポット詳細情報
location_on

〒859-5361

長崎県平戸市紐差町1039

電話番号

[平戸観光交流センター]0950-22-3060

スポット種類

教会

内覧時間

8:00~17:00

無休
※行事等により見学不可な場合あり

料金

無料

交通手段

JR佐世保駅より徒歩で佐世保バスセンター 西肥バス平戸桟橋行きで1時間25分、終点下車、同バス紐差・志々伎・宮の浦行きに乗り換え35分「紐差」下車 徒歩3分

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県