石見銀山世界遺産センター

いわみぎんざんせかいいさんせんたー

石見銀山世界遺産センター
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2019年01月29日
TOURIST Guide編集部
西貴輝
keyboard_arrow_down

石見銀山世界遺産センターは、世界史的な意義付けや鉱山技術の変遷などに関する展示や、調査研究、資料収集、情報発信を行う複合施設です。
歴史で興味深いのは石見の銀が戦国時代後期にはすでに海外でも広く知られ、東西交易に大きな役割を果たしていたことです。
また精錬による商品化と運搬、それに関わる住民の生活など、銀を中心とした社会の営みの歴史を映像資料や復元模型などもまじえて解説しています。
さらに、石見銀山で最大規模を誇る「大久保間歩(おおくぼまぶ)」の見学も行っています。
大久保間歩は、江戸時代の石見銀山初代奉行大久保長安(おおくぼながやす)の名に因んだものですが、高さは最大で20メートルと大迫力の地下空間で、むき出しの岩肌が往時の鉱山活動の一端を物語っているようです。
また、低融点合金(スズ40ビスマス60)を使った「丁銀(ちょうぎん)」といわれる昔の銀貨幣をつくる体験も出来ます。
丁銀は室町時代から江戸時代に流通していた貨幣です。低い温度(138℃)で溶ける金属を型に流し固めます。
本物さながらの「いぶし銀」の様な魅力があると評判です。

スポット詳細情報
location_on

〒694-0305

島根県大田市大森町イ1597-3

電話番号

0854-89-0183

スポット種類

ミュージアム

営業時間

8:30~17:30
展示室観覧時間 9:00~17:00
※3月~11月は30分延長

定休日

毎月最終火曜日、年末年始

料金

大人 300円 小学生・中学生 150円 外国人 200円

交通手段

JR大田市駅からバスで約40分

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県