東大寺 法華堂(三月堂)

とうだいじ ほっけどう (さんがつどう)

東大寺 法華堂(三月堂)
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2019年01月11日
TOURIST Guide編集部
西貴輝
keyboard_arrow_down

法華堂は、奈良時代に建てられた東大寺最古の建物です。728年に夭折した基親王を供養するために聖武天皇により建立された東大寺の前身寺院、金鍾山寺の遺構とされてます。

建立当初、寄棟造りの正堂と礼堂が軒を接して並ぶ配置でしたが、鎌倉時代に礼堂を入母屋造りに改築して2棟をつなぎました。その姿は、天平初期建築の正堂と鎌倉時代の大仏様の特色を持つ礼堂が、時代を超えて美しい調和をたもっています。

堂内には、本尊の不空羂索観音立像をはじめ、梵天・帝釈天像、四天王立像など天平彫刻の宝庫となっています。中でも、執金剛神立像は、東大寺の初代別当良弁僧正が東大寺の前身寺院である金鐘山寺時代に発願された念持仏と伝わり、僧正の忌日である12月16日にしか開帳されない秘仏として知られています。

法華堂は、かつて法華会が毎年3月に行われたことから、三月堂という呼び名でも親しまれています。

スポット詳細情報
location_on

〒630-8211

奈良市雑司町406-1

電話番号

0742-22-5511

スポット種類

国宝

宗派

華厳宗

拝観・開館時間

4月~10月
開門 7:30 閉門17:30
11~3月
開門 8:00 閉門17:00

休日・休館

無休・境内自由

入場料

大人(中学生以上):600円 小学生:300円

交通手段

JR大和路線・近鉄奈良線「奈良駅」から市内循環バス「大仏殿春日大社前」下車徒歩5分

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県