東大寺大仏殿 盧舎那仏

とうだいじだいぶつでん るしゃなぶつ

東大寺大仏殿 盧舎那仏
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2019年01月11日
TOURIST Guide編集部
西貴輝
keyboard_arrow_down

大仏様として親しまれる奈良の大仏は、正式には盧舎那仏と言います。
奈良時代の743年に、生きとし生けるものすべてが繁栄するようにという願いをもとに、盧舎那仏造顕の詔が聖武天皇により発せられました。造立にはのべ260万人が参加、752年に聖武太上天皇と光明皇太后、1万人を超える僧らが参列する中、インド人バラモン僧正・菩提僊那が導師を勤め、開眼供養会が盛大に開かれました。

盧舎那仏は、仏像の基本寸法の丈六を十倍したものと考えられ、宇宙を象徴します。その大きさは、銅座から頭のてっぺんまでで約18メートル。手のひらを上げる右手で「恐れなくてよい」と相手を励まし、手を下げて前に出した左手は、相手に何かを与え、願いを叶えようとする慈悲の心を表しているといわれます。

スポット詳細情報
location_on

〒630-8211

奈良市雑司町406-1

電話番号

0742-22-5511

スポット種類

国宝

宗派

華厳宗

拝観・開館時間

4~10月:7:30~17:30
11~3月:8:00~17:00

休日・休館

無休・境内自由

拝観料・入場料

入場料(大仏殿)
大人(大学生以上):600円 高校生:600円 中学生:600円 小学生:300円
共通券(ミュージアム・大仏殿)
大人(中学生以上)1000円 小学生 400円

交通手段

JR大和路線・近鉄奈良線「奈良駅」から市内循環バス「大仏殿春日大社前」下車徒歩5分

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県