東大寺南大門金剛力士像

とうだいじなんだいもんこんごうりきしぞう

東大寺南大門金剛力士像
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2019年01月11日
TOURIST Guide編集部
西貴輝
keyboard_arrow_down

東大寺南大門にそびえ立つ、巨大な仁王像は鎌倉時代、天才仏師・運慶の総プロデュースのもとにつくられました。運慶は、日本のミケランジェロとも形容され、現存する真作とされる作品は、すべてが重要文化財か国宝指定されています。

金剛力士像は、運慶を中心に快慶らを含めた複数の仏師により、わずか69日で制作されたといいます。
南大門の仁王像は、口を開けた阿形像(あぎょうぞう)と口を閉じた吽形像(うんぎょうぞう)、向かい合う形で一対として配置されています。

阿は梵字の最初の文字、吽は最後の文字です。阿吽の二文字は万物の初めから終わりまでを象徴し、一説には「この世に生まれて悟りを求め、涅槃に至ること」を意味するといいます。
仁王像は、上半身をあらわにした筋肉隆々とした姿に、目を見開き相手を睨みつけるような形相で相手を威嚇しているように見えます。これは、寺院を通る人の心持ちを見定め問いただす役目があるためです。

スポット詳細情報
location_on

〒630-8211

奈良県奈良市雑司町406-1

スポット種類

国宝

宗派

華厳宗

定休日

無休・境内自由

料金

無料

交通手段

JR大和路線・近鉄奈良線「奈良駅」から市内循環バス「大仏殿春日大社前」下車徒歩5分

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県