東大寺南大門

とうだいじなんだいもん

東大寺南大門
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2019年01月11日
TOURIST Guide編集部
西貴輝
keyboard_arrow_down

東大寺南大門は、高さ約25メートルに及ぶ、国内最大級の山門です。
奈良時代に創建、現在の門は鎌倉時代の東大寺を復興した重源上人により再建されたものです。1203年に仁王像とともに竣工されました。
南大門は「宋」から招聘した技術者・陳和卿らと共に大仏様と呼ばれる建築技術で再建されました。
大仏様は巨大建築に向く様式で、天井を貼らず、屋根裏がむきだしになっているため、内部空間が広々と感じられる特徴があります。大仏様は重源上人の没後、次第に廃れたため、日本に現存する純粋な大仏様の建築物は、ここ「東大寺南大門」と兵庫県の「浄土寺浄土堂」の2棟のみです。

門の左右には、鎌倉時代を代表する奈良仏師、運慶・快慶一門作の金剛力士像が安置されています。現在後ろに安置されている石獅子は、重源上人が招聘した宋出身の石工・伊行末の作で、日本の宋風石像物の代表格と言われています。

スポット詳細情報
location_on

〒630-8211

奈良県奈良市雑司町406-1

スポット種類

国宝

休日・休館

無休・境内自由

拝観料

無料

交通手段

JR大和路線・近鉄奈良線「奈良駅」から市内循環バス「大仏殿春日大社前」下車徒歩5分

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県