宗祗水

そうぎすい

宗祗水
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2018年12月06日
TOURIST Guide編集部
吉川雅子
keyboard_arrow_down

水の町である郡上八幡を象徴するのが、宗祗水(そうぎすい)、又の名を白雲水(はくうんすい)という湧き水です。1985年に日本名水百選の第1号に指定されました。
町のほぼ中央に位置しており、湧き口の上には祠が祀られています。
宗祗水奉賛会による努力のおかげで、良好な状態を保っています。
昔、宗祗水は人々の生活用水でした。飲み水とするだけでなく、ここで野菜や食器を洗っていました。
現在は生活用水としては使用されていませんが、おいしい水が飲めるところとして多くの人が訪れています。
宗祗水を一口飲めば10年長生きすると言われています。
宗祗水の名の由来は、連歌に優れた僧侶の飯尾宗祗(いいお そうぎ)がこの泉のほとりに草庵を結んで、この清水を愛用したことから名付けられたものです。
1471年には、郡上の領主である東常縁(とう つねより )と飯尾宗祗が別れの際にここで歌を詠みかわしたとされています。

スポット詳細情報
location_on

〒501-4216

岐阜県郡上市八幡町本町

電話番号

[郡上八幡観光協会]0575-67-0002

スポット種類

自然

定休日

無休

料金

無料

交通手段

長良川鉄道 郡上八幡駅からタクシーで約10分
長良川鉄道 郡上八幡駅からまめバスまたは白鳥交通バスで約10分、郡上八幡城下町プラザ、城下町プラザ下車、徒歩5分
東海北陸自動車道 郡上八幡ICから車で約5分

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県