金谷ホテル歴史館

かなやほてるれきしかん

金谷ホテル歴史館

「武家屋敷」から「サムライハウス」へと
金谷ホテルのルーツ「金谷侍屋敷」を辿る

スポット紹介音声ガイド
更新日: 2019年08月05日
TOURIST Guide編集部
西貴輝
keyboard_arrow_down

日本初の西洋式リゾートホテル「金谷ホテル」のルーツ「金谷侍屋敷」は、約400年前に日光奉行所の役人の住まいとして建築された武家屋敷です。
代々東照宮雅楽(ががく)の楽士を務めていた金谷家が江戸後期に拝領し、1873年(明治6年)若干21歳の金谷善一郎(かなやぜんいちろう)が外国人向けの宿「金谷カテッジイン」を屋敷で開業しました。
「サムライ・ハウス」と親しみを込めて呼ばれた宿には多くの外国人客が宿泊しました。その中のひとりがイギリス人旅行家イザベラ・バードです。
バードは著書「日本奥地紀行」の中で宿の清潔さや心地よさについて細かく書き「日光」や「金谷」が欧米で知られるきっかけを作りました。1893年(明治26年)、善一郎は本格的な西洋式ホテル「金谷ホテル」を設立。宿泊施設としての役割を終えた金谷侍屋敷は長年大切に保存され、2014年に国登録有形文化財の指定を受け、2015年から「金谷ホテル歴史館」として一般公開されています。

スポット詳細情報
location_on

〒321-1434

栃木県日光市本町1-25

電話番号

0288-50-1873

スポット種類

歴史的建造物、ミュージアム

営業時間

3月~11月:9:30~16:30
12月~2月:10:00~14:30

定休日

3月~11月:無休
12月~2月:月に2~3日の休業日あり

料金

大人 400円 子人 200円

交通手段

JR日光駅/東武日光駅から中禅寺温泉/湯元温泉行バスで、「金谷ホテル歴史館」下車、徒歩すぐ
日光宇都宮道路日光ICを出て神橋方面へ、神橋と並行する橋を渡り信号を左折、道なりに約900m右側、駐車場20台(レストラン前および国道を挟み反対側)

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県