登別市郷土資料館

のぼりべつしきょうどしりょうかん

登別市郷土資料館
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2019年05月14日
TOURIST Guide編集部
西貴輝
keyboard_arrow_down

天守閣を模した外観が特長の登別市郷土資料館。モデルとなったのは伊達家の重臣で、宮城県南部を治めていた片倉氏家の白石城です。明治に入り、片倉家主従は北海道に移住。登別の開拓にも大きく貢献しました。この資料館のある地域は「片倉町」として今もその名が残され、資料館では片倉家ゆかりの品々や、貴重な開拓資料をみることができます。
ほかにも、市内に残るアイヌ語地名や登別出身でアイヌの言語学者 知里真志保(ちり ましほ)のこと、写真やパネルを通してアイヌ文化を紹介。また、明治から昭和にかけての身近な日用品や、登別の産業の一つである漁業・林業の機具、ヒグマの剥製から約4万3千年前のトドマツの化石にいたるまで所狭しと並ぶ、見ごたえ充分の展示です。
敷地内には、5月に黄緑色の花が咲くギョイコウ(御衣黄)という桜が植えられているほか、周辺には春は桜、秋は紅葉が美しい川上公園や幌別ダムがあり、資料館とあわせて散策も楽しめます。

スポット詳細情報
location_on

〒059-0016

北海道登別市片倉町6-27-2

電話番号

0143-88-1339

スポット種類

ミュージアム

営業時間

[4月~10月]10:00~17:00
[11月~3月]10:00~16:00

定休日

月曜日(祝日は開館)、祝日の翌日、年末年始

料金

大人 190円 小・中学生 60円

交通手段

登別温泉から車で約22分
JR幌別駅西口から道南バスで約15分、資料館前下車すぐ

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県