田沢湖

たざわこ

田沢湖
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2018年11月26日
TOURIST Guide編集部
渋谷朋子
keyboard_arrow_down

秋田県のほぼ中央部に位置する田沢湖は、周囲20キロメートルの円形状で、水深423.4メートルという日本で一番深い湖です。太陽光は水中で遮られるため太陽の位置によって湖面の色が微妙に変化し、翡翠(ひすい)色や藍(あい)色など輝きが変化します。深い湖が持つ、その神秘的な彩が魅力となり、日本のバイカル湖と呼ばれるようになりました。色の変化は遊覧船や貸しボートから楽しめます。淡水魚の宝庫でしたが1940年(昭和15年)、湖水を農業用水と電源開発の両面で活用するため、上流に温泉を持つ玉川から水を引き込みました。しかし強度の酸性のため、酸に強いウグイを除いて魚類は全滅しました。戦後、水質を中和する努力が実りましたが、完全に回復しておらず、ウグイに加えコイやフナの生息にとどまっています。湖の周囲には飲食店や宿泊施設が並び、観光客らを受け入れています。
湖畔には「たつこ像」という金色の女性像があります。永遠の美貌を求め、お告げに従い大量の水を飲んだところ龍の姿に変わり湖に沈んでしまったという伝説によるものです。この像は、戦後日本を代表する彫刻家である舟越保武(ふなこしやすたけ)よって作られました。

スポット詳細情報
location_on

秋田県仙北市

スポット種類

自然

交通手段

JR田沢湖駅からバスで15分

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県