鞍馬寺

くらまでら

鞍馬寺
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2019年02月21日
TOURIST Guide編集部
吉川雅子
keyboard_arrow_down

鞍馬寺は、鑑真和上(がんじんわじょう)の弟子、鑑禎(がんちょう)上人が毘沙門天を祀ったのが始まりと言われています。京都の北部の守護であり、山岳修行の聖地でもある鞍馬寺は、紅葉の名所としても有名で、境内から山々の美しい紅葉を堪能できます。
平安時代より、上皇をはじめ貴族や多くの女流文学者が霊山・鞍馬寺を参拝しました。枕草子(まくらのそうし)や更級日記(さらしなにっき)などにも述べられているだけではなく、紫式部の源氏物語にも出会いの場所として描かれています。本殿金堂の前に広がる石床(いしどこ) には金剛床(こんごうしょう)があります。
祀られている三尊尊天(さんぞんそんてん)は月の精霊、太陽の精霊、大地の精霊という三尊で、この金剛床にたち宇宙に向かって両手を広げ、天を仰ぐと宇宙と一体化でき、願いが叶うと言われています。なんともスピリチュアルなパワースポットでもあります。
こちらでは狛犬(こまいぬ)ならぬ、毘沙門天の使いである狛虎(こまとら)がお出迎えしてくれます。本殿金堂までは急な山道になりますので、途中はケーブルカーを利用し、本殿までの山道と石段を利用することになるので、体力を備えてゆっくり歩きましょう。

スポット詳細情報
location_on

〒601-1111

京都府京都市左京区鞍馬本町1074

電話番号

075-741-2003

スポット種類

寺・神社、国宝・重要文化財

時間

9:00~16:30

料金

愛山費 300円

交通手段

出町柳駅から叡山電車で「鞍馬駅」下車、仁王門まで 徒歩5分
京都バス「鞍馬」下車 仁王門まで徒歩3分
※仁王門から本殿金堂まで徒歩30分 またはケーブル2分と徒歩10分

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県