古四王神社

こしおうじんじゃ

古四王神社
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2018年11月26日
TOURIST Guide編集部
渋谷朋子
keyboard_arrow_down

古四王神社は室町時代末期の1570年(元亀(げんき)元年)に、この地方の領主戸沢(とざわ)氏の家臣である冨樫左衛門太郎勝家(とがしさえもんたろうかついえ)が、戦火から地域を守るとともに、領民の安寧を願い建立したと伝えられています。本殿は国の重要文化財に指定されています。1930年(昭和5年)の解体修理の際、「古川村 大工 甚兵衛」と墨書した部材が発見され、飛騨国(ひだのくに)古川村(現在の岐阜県飛騨市)の名工・甚兵衛の作であることが判明しました。一間社(いっけんしゃ)と呼ばれる小さな社殿には、菊唐草を浮き彫りした水引虹梁(みずひきこうりょう)や、鴛鴦(おしどり)を模した蟇股(かえるまた)、高欄には木目を活かして作られた擬宝珠(ぎぼし)など、繊細な絵様の彫刻が施されています。その一方で、荒削りな太い丸太を使った床組などは堅牢な造りとなっています。こうした自由で豪快な建築手法がこの神社の特徴で、当時の建築史の最高権威である東京帝国大学教授の伊東忠太(いとうちゅうた)博士は「奇中の奇、珍中の珍」と感嘆し、京都帝国大学教授の天沼俊一(あまぬましゅんいち)博士も「日本・中国・インドを超越した天下一品の建物」と絶賛しました。

スポット詳細情報
location_on

秋田県大仙市大曲字古四王際30

電話番号

[大仙市教育委員会文化財保護課]0187-63-8972

スポット種類

寺・神社

定休日

無休

料金

無料

交通手段

JR大曲駅から車で10分

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県