お鉢巡り

おはちめぐり

お鉢巡り
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2018年09月12日
TOURIST Guide編集部
西貴輝
keyboard_arrow_down

火山火口の形は鉢のような形をしています。
このことから火口をまわることをお鉢巡り(おはちめぐり)といいます。
別の一説としては頂上にある8つの峰をまわることからとも言われています。
八という仏教数字に合わせ、八神峰(はっしんぽう)を全てめぐることでご利益があると考えられていたようで、富士講(ふじこう)などの行事として行われていたようです。
富士山山頂のお鉢巡りルートは最短で1時間35分、疲労していると2時間くらいかかりますので、お鉢巡りをしたいときにはあらかじめその時間を登山時間に加えておくといいでしょう。
富士山のスケールの大きさはこのお鉢(はち)の大きさからもわかりますが、火口底が八合目まで達する深さだといいます。
また、このお鉢巡りの周り方にも右周り、左周りが選べるようですが、右周りの方が比較的、危険を回避できるといわれています。
馬の背と呼ばれる切れ落ちた崖を登るかどうかが周り方で変わるようです。

スポット詳細情報
スポット種類

観光名所、自然

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県