鴻臚館跡展示館

こうろかんあとてんじかん

鴻臚館跡展示館
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2018年11月09日
TOURIST Guide編集部
大岡久仁
keyboard_arrow_down

「鴻臚館」は、7世紀後半に建てられた古代の迎賓館で、外交や海外交易を行う施設として、11世紀までの400年間 遣唐使や新羅(しらぎ)の使節団、商客らを迎え入れていたといわれています。前身は筑紫館(つくしのむろつみ)とされており、日本書紀に「688年 新羅国使を筑紫館でもてなした」との記述もあります。筑紫館から「鴻臚館」という名に変わったのは平安時代初期で、唐の外務省に相当する役所「鴻臚寺(こうろじ)」に由来し、「鴻」は大きい、「臚」は伝えるという意味を持っています。
鴻臚館は京都の平安京、大阪の難波、そして福岡の3ヵ所に設けられましたが、その中で遺跡が確認されているのは、福岡の鴻臚館跡のみです。1987年、遺構の残存が発見され、翌年から発掘調査が始まりました。発掘された遺跡を風雨から保護するために覆屋(ふくどう)を建て、礎石などの遺構を発見した当時のままの姿で展示しています。

スポット詳細情報
location_on

〒810-0043

福岡市中央区城内1

電話番号

092-721-0282

スポット種類

観光名所、ミュージアム、遺跡

営業時間

9:00~17:00

定休日

12月29日~1月3日

料金

無料

交通手段

地下鉄 赤坂駅から徒歩7分

公式HP

[福岡市]https://yokanavi.com/spot/27133/

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県