日光二荒山神社

にっこうふたらさんじんじゃ

日光二荒山神社
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2019年08月29日
TOURIST Guide編集部
西貴輝
keyboard_arrow_down

日光二荒山神社は、1200年以上前に勝道上人がこの地を修行場所として定め日光山信仰の始まりとして創建され、古くから崇拝されてきました。
大己貴命を主祭神として祀り、招福や縁結びの神様として信仰されています。また中宮祠境内は男体山の登山口の一つでもありシーズンになると安全祈願を済ませて入山するハイカーが目立ちます。
この二荒山神社は、東照宮や輪王寺の103棟と並び、「日光の社寺」として世界遺産に登録されたひとつでもあります。中でも注目されるのは日光の入り口に架かる朱塗りの美しい「神橋(しんきょう)」です。
この橋は全長28メートルの木造で「はね橋」と呼ばれるアーチ型が特徴です。この形式で山間の渓谷に架かるものは日本では唯一ここだけで、山口県錦帯橋、山梨県猿橋と並び、日本三大奇橋の1つにも数えられています。
かつては、神事など特別な行事のみ使用され一般の渡橋は禁じられていましたが、現在は誰でも渡れるようになりました。

スポット詳細情報
location_on

〒321-1431

栃木県日光市山内2307

電話番号

0288-54-0535

スポット種類

寺・神社

営業時間

8:00~17:00 (11月~3月9:00~16:00)
[神苑拝観] 8:00~16:30 (11月~3月9:00~15:30)
[神橋拝観] 8:00~16:00 (11月~3月9:00~15:00)

定休日

無休

料金

[神苑拝観] 大人 200円 小中学生 100円
[神橋拝観]大人 300円 高校生 200円 小・中学生 100円

交通手段

JR日光駅、東武鉄道 東武日光駅より東武バス中禅寺温泉または湯元温泉行きで約7分、西参道下車、徒歩約5分

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県