青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸

せいかんれんらくせんめもりあるしっぷはっこうだまる

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2018年11月12日
TOURIST Guide編集部
吉川雅子
keyboard_arrow_down

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸(はっこうだまる)は、役割を終えて退役した船舶の一隻で、連絡船の歴史を伝える海上博物館として1990年に開館しました。
八甲田丸は、5,400トン、1964年から1988年3月まで歴代連絡船では最長の23年7か月にわたって就航しました。
津軽海峡は東西約130キロメートルあり、船乗り泣かせと言われるほど潮の流れが速く、冬の荒波が重なると通常3時間50分の航海は、熟練した操船技術が求められました。
メモリアルシップの四階にある操舵室(そうだしつ)は当時のままの状態で開放されています。
無線交信しながら、風の向きや速さ、天候の変化を読み取って船を操る乗組員の姿が蘇るようです。
また階下にある青函ワールドは、連絡船の就航で発展していく青森市の姿に触れることができます。
昭和30年代がテーマの青森駅前のジオラマは海産物やリンゴなどを売る人、運ぶ人でひしめき合う市場など、活気に満ちた光景が再現されています。
人員・物資だけでなく列車も運んだ連絡船、車両積載室の機関車や巨大なディーゼルエンジンなど興味の尽きないミュージアムです。

スポット詳細情報
location_on

〒038-0012

青森県青森市柳川1-112-15 地先

電話番号

017-735-8150

スポット種類

ミュージアム

営業時間

4月1日~10月31日 9:00~19:00(入館受付は18:00まで)
11月1日~3月31日 9:00~17:00(入館受付は16:30まで)

定休日

4月1日~10月31日 無休
11月1日~3月31日 月曜日、12月31日、1月1日、3月第2週の月~金曜日

料金

大人 500円 高校生・中学生 300円 小学生 100円
※その他、アスパム、ワ・ラッセ、浅虫水族館との共通券あり

交通手段

フェリーふ頭から車で約10分
JR新青森駅から車で約20分
JR青森駅から徒歩約5分
青森自動車路 青森中央ICから車で約20分

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県