落柿舎

らくししゃ

落柿舎
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2019年02月15日
TOURIST Guide編集部
大岡久仁
keyboard_arrow_down

落柿舎(らくししゃ)は、松尾芭蕉の門人であった俳人「向井去来(むかいきょらい)」が1685年頃に建てた別邸で、庭にあった40本の柿の木の実が一夜にして落ちてしまったことから、この名前がついたと言われています。
また、芭蕉が門人の中でも特に信頼が厚かった去来(きょらい)の別邸に3度も訪れて滞在し、その記録を「嵯峨日記(さがにっき)」として遺したことでも知られています。落柿舎には去来や芭蕉のほかに、高浜虚子(たかはまきょし)などの句碑や碑(いしぶみ)が13あるので、碑巡りもおすすめです。落柿舎の藁ぶき屋根の閑静なたたずまいは、往時の風情を今に伝えています。憧憬(しょうけい)の中に身を置き、去来になった気分で一句ひねって投句して入選すると、季刊誌である「落柿舎」に掲載され、掲載誌を自宅に送ってもらえます。

スポット詳細情報
location_on

〒616-8391

京都府京都市右京区嵯峨小倉山緋明神町20

電話番号

075-881-1953

スポット種類

観光名所

営業時間

9:00~17:00
1月、2月 10:00~16:00

定休日

12月31日、1月1日

料金

250円

交通手段

JR嵯峨嵐山駅から徒歩15分
阪急電鉄 嵐山駅から徒歩約30分
JR京都駅から京都市営バスで約50分、嵯峨小学校前下車、徒歩10分

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県