瑞巌寺(松島青龍山瑞巌円福禅寺)

ずいがんじ(まつしませいりゅうさんずいがんえんぷくぜんじ)

瑞巌寺(松島青龍山瑞巌円福禅寺)
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2019年02月18日
TOURIST Guide編集部
西貴輝
keyboard_arrow_down

瑞巌寺(ずいがんじ)は、日本三景の一つ宮城県の「松島」にある寺院で、828年に比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ)の3代目座主(ざす)である慈覚大師 円仁(じかくだいし えんにん)が天皇の命を受けて建立し、延暦寺と肩を並べる寺院という意味を込めて延福寺と命名され、その後、「臨済宗円福寺(りんざいしゅうえんぷくじ)」という名称に変更されました。伊達政宗(だてまさむね)公みずから4年の歳月をかけ、心血を注いで完成させたことでも知られています。建物には紀州熊野の山から取り寄せた用材(ようざい)を使い、桃山様式を取り入れ、名工130人が招き寄せられました。江戸時代には松尾芭蕉(まつおばしょう)が参詣したため、毎年11月には「芭蕉祭(ばしょうさい)」が開かれています。また大晦日には火事などの防災を祈願し、住職代理の僧侶が鈴を振って歩く「火鈴巡行(こうりんじゅんこう)」が行われています。境内には伊達政宗が直接手で植えたといわれる梅の木があり、本堂と廊下、庫裏(くり)は国宝に、御成門(おなりもん)・中門・太鼓塀(たいこべい)は国の重要文化財に指定されています。欄間(らんま)に彫られている「紅葉に鹿」「鶴の巣籠り(つるのすごもり)」などの彫刻も必見です。

スポット詳細情報
location_on

〒981-0213

宮城県宮城郡松島町松島町内91

電話番号

022-354-2023

スポット種類

寺・神社、国宝・重要文化財

宗派

臨済宗

営業時間

1月、12月 8:00~15:30
2月、11月 8:00~16:00
3月、10月 8:00~16:30
4月〜9月 8:00~17:00

定休日

無休

料金

大人 700円 小人 400円

交通手段

JR松島海岸駅から徒歩5分
JR松島駅から徒歩20分

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県