くいだおれ太郎

くいだおれ太郎
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2018年08月01日
TOURIST Guide編集部
大岡久仁
keyboard_arrow_down

大阪観光の見どころ、道頓堀でお出迎えしてくれる看板人形「くいだおれ太郎」。もともとは飲食店「くいだおれ」の看板息子として活躍していました。
戦後間もない頃の焦土に戦後復興を掲げ「くいだおれ」食堂を創業した山田六郎(やまだろくろう)氏が、子供たちに喜んでもらう、道頓堀を元気にするという意味を込めて道頓堀の文化でもある「文楽(ぶんらく)人形」をモチーフにした看板を作ることを思いつき、谷崎潤一郎の小説『蓼喰ふ虫(たでくうむし)』のモチーフにもなった淡路人形浄瑠璃(じょうるり)の頭を作る職人二代目 由良亀(ゆらがめ)が、文楽人形浄瑠璃の職人として転職したばかりの時に、アルバイトで制作しました。くいだおれは今でいうファミレスの走りであり、くいだおれ太郎は動くマスコット看板の元祖でもありました。くいだおれ太郎を家族として大切にした山田六郎は支店を増やすことも人形を増産することも禁止したと言われています。阪神タイガースの優勝時に道頓堀に投げ込まれそうになり、『わて泳げまへんねん』と先手を打つなど、大阪らしいユーモラスな話題も提供してきました。くいだおれが閉店した今でも、中座くいだおれビルで大阪の街を見守っています。休日は写真撮影に行列ができるほどですが、危機を何度も乗り越えたこの人形のご利益にあやかってぜひ記念撮影をしたいものです。

スポット詳細情報
location_on

〒542-0071

大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-21

スポット種類

ランドマーク

交通手段

大阪メトロ下鉄 なんば駅から徒歩5分
近鉄 大阪難波駅から徒歩6分
大阪メトロ下鉄 心斎橋から徒歩10分
南海電鉄 難波駅から徒歩約7分
JP 難波駅から徒歩約9分

公式HP

[中座くいだおれビル]http://nakaza-cuidaore.com/

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県