興福寺 五重塔

こうふくじ ごじゅうのとう

興福寺 五重塔
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2019年01月31日
TOURIST Guide編集部
渋谷朋子
keyboard_arrow_down

興福寺の五重塔は、古都奈良のシンボルとして親しまれる高さ50.1メートルの仏塔です。京都の東寺にある五重塔の次に、日本で2番目に高い木造の塔になります。悟りを開いた人の骨を仏舎利(ぶっしゃり)といい、塔には仏教の開祖、釈迦の遺骨を納める仏舎利塔の意味が込められます。現在の五重塔は、730年に興福寺の創建者、藤原不比等(ふじわらのふひと)の娘、光明皇后(こうみょうこうごう)により建てられ、その後、度重なる被災による再建を経て、1426年頃に立て直されたものです。創建当初、光明皇后は初層(しょそう)の四方に、薬師浄土変(やくしじょうどへん)、釈迦浄土変(しゃかじょうどへん)、阿弥陀浄土変(あみだじょうどへん)、弥勒浄土変(みろくじょうどへん)を、各層に水晶の小塔と垢浄光陀羅尼経(くじょうこうだらにきょう)を安置したといいます。浄土変とは、仏や菩薩の住む国土の様子を描いたものです。その伝統にならい、初層の四方には薬師三尊像、釈迦三尊像、阿弥陀三尊像、弥勒三尊像が安置されています。

スポット詳細情報
location_on

〒630-8213

奈良県奈良市登大路町48

電話番号

0742-22-7755

スポット種類

世界遺産、国宝・重要文化財、寺・神社

宗派

法相宗

定休日

無休

料金

無料

交通手段

近鉄 奈良駅から徒歩約5分
JR奈良駅から市内循環バスで約7分、県庁前下車、徒歩すぐ

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県