五十二段

ごじゅうにだん

五十二段
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2019年01月31日
TOURIST Guide編集部
渋谷朋子
keyboard_arrow_down

五十二段は、猿沢池から興福寺の境内へと続く五十二段の階段です。五十二段は、大乗仏教の教えの中にある菩薩の修行の段階を表します。菩薩の修行の階位は、一番下の信心に始まり、最高位の妙覚まで、五十二段階に分かれます。五十二段階目の妙覚は、悟りを開いた仏であり菩薩ではありません。五十二段の階段を一歩一歩上がり、興福寺に近づくにつれ、仏の境地に近づいていきます。五十二段を登りきると、そこには右手手前に五重塔、その奥には東金堂(とうこんどう)が見え、仏の庭たる興福寺の境内に入ります。奈良の夏のイベント「なら燈花会」の期間中には、一段一段に灯りが灯され、幻想的な風景を夏の夜に浮かびあがらせます。

スポット詳細情報
location_on

〒630-8217

奈良県奈良市登大路町48周辺

電話番号

[奈良公園事務所]0742-22-0375

スポット種類

観光名所

定休日

無休

料金

無料

交通手段

近鉄 奈良駅から徒歩約10分
JR奈良駅から市内循環バスで約7分、県庁前下車、徒歩約5分

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県