興福寺 三重塔

こうふくじ さんじゅうのとう

興福寺 三重塔
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2018年12月03日
TOURIST Guide編集部
楠本和央
keyboard_arrow_down

三重塔は、現存する興福寺の建物の中で、北円堂とともに最も古い建物として知られています。三重塔は、男性的なイメージの五重塔に対して、女性的で美しい小塔です。平安時代の1143年に建てられた三重塔は、その後、日本の氏族、平氏による焼き討ちで焼け落ち、鎌倉時代の1180年頃に再建されました。再建されたのは鎌倉時代ですが、その姿は平安時代の優美な建築様式を今に伝えます。初層の内部には、学問・智恵・音楽を司る女神、弁才天坐像がお祀りされています。内部は普段は非公開ですが、年1回の弁才天供の日のみ、特別開帳されます。三重塔周辺には地蔵菩薩の石仏が並び、夕暮れには、三重塔のシルエットが美しい空に浮かび上がる風情ある景色を味わうことができます。

スポット詳細情報
location_on

〒630-8213

奈良県奈良市登大路町48

電話番号

0742-22-7755

スポット種類

世界遺産

宗派

法相宗

営業時間

[7月7日 弁財天供] 9:00~16:00

定休日

無休

料金

無料

交通手段

近鉄 奈良駅から徒歩約5分
JR奈良駅から市内循環バスで約7分、県庁前下車、徒歩すぐ

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県