興福寺 南円堂

こうふくじ なんえんどう

興福寺 南円堂
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2019年03月05日
TOURIST Guide編集部
渋谷朋子
keyboard_arrow_down

南円堂は、平安時代初期の813年に、藤原冬嗣(ふじわらのふゆつぐ)が父の内麻呂の冥福を祈り建立した、朱色の美しい八角堂です。
現在の建物は創建以来4度目の建物で、1789年に再建されたものです。
平安時代中期に、貴族である藤原氏の栄華は頂点に達し、藤原時代とも呼ばれました。その祖が藤原内麻呂(ふじわらのうちまろ)であり、南円堂は興福寺の中でも特殊な位置を占めます。
鹿皮(しかがわ)を身にまとう本尊の不空羂索観音菩薩像(ふくうけんさくかんのんぼさつぞう)は、藤原氏の氏神である春日大社の神使が鹿であることから、特に藤原氏の信仰を集めました。
堂内は普段非公開ですが、毎年10月17日の特別開扉の期間に拝観することができます。南円堂前には奈良の優れた八つの景色、南都八景(なんとはっけい)の一つ、藤原氏を象徴する藤棚があり、毎年4月下旬~5月上旬頃に美しい花を咲かせます。
南円堂の南には、鐘楼(しょうろう)が設置され、朝6時・正午・午後6時に、古都に風情ある鐘の音を響かせます。

スポット詳細情報
location_on

〒630-8213

奈良県奈良市登大路町48

電話番号

0742-22-7755

スポット種類

世界遺産、国宝・重要文化財、寺・神社

宗派

法相宗

営業時間

[特別開扉]9:00~17:00

定休日

無休

料金

無料
[特別開扉]有料(HP参照)

交通手段

近鉄 奈良駅から徒歩約5分
JR奈良駅から市内循環バスで約7分、県庁前下車、徒歩すぐ

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県