喫茶店文化

きっさてんぶんか

喫茶店文化
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2018年08月01日
TOURIST Guide編集部
吉川雅子
keyboard_arrow_down

名古屋は、独特の喫茶店文化が発達した町として知られています。独特の文化とは「顧客重視」を指しており、お客さんが喜ぶということを目標に、モーニングサービスなどが発展していきました。その発展の結果、モーニングサービスなのに昼食レベル、というほどのボリュームアップとなりました。今や全国区になったカレーのCoCo壱番屋は愛知県の喫茶店「バッカス」が前身で、顧客重視の経営でカレー店を発展させました。また、コメダ珈琲は1963年に名古屋で創業した喫茶店で全国的な有名店です。コメダ珈琲も、顧客重視を徹底しており、モーニングタイムには、ドリンクを頼むとトーストと卵が無料で付いてくるというお得なサービスを展開しています。また、トーストに塗るものがバターではなく「小倉あん」が選べるというのも名古屋的です。こうした顧客重視の姿勢が、他の地域にはない喫茶店文化を形作っており、名古屋に行ったら喫茶店のモーニングを頼まないと損、と言われるほどになっています。

スポット詳細情報

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県