原爆の子の像

げんばくのこのぞう

原爆の子の像
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2018年11月09日
TOURIST Guide編集部
三遊亭平太
keyboard_arrow_down

平和記念公園内を元安川(もとやすがわ)に沿って歩いて行くと、折り鶴を捧げ持った子どもの像が見えてきます。「原爆の子の像」です。またこの像の周りには、常時数多くの千羽鶴が手向けられており、遠目にも色鮮やかです。
今日では折り鶴は平和の象徴とされていますが、そのきっかけとなったのは佐々木貞子(ささきさだこ)さんという1人の女の子でした。貞子さんは被爆した2歳当時は大きな怪我もなく元気に成長していきましたが、それから9年後、小学6年生のときに白血病を発症しました。原爆の後遺症です。彼女は入院期間中、毎日出される薬の包み紙で鶴を折り続けました。千羽折れば願いが叶うと信じていたためです。しかしその想いは届かず、発症から8か月後に亡くなりました。彼女の死をきっかけにして、原爆で亡くなった子どもの霊を慰めるための像が建設されました。彼女の話は日本国内のみならず海を越えて広がり、今でも世界中から毎日のように千羽鶴が届けられています。

スポット詳細情報
location_on

〒730-0811

広島県広島市中島町1

電話番号

082-504-2390

スポット種類

モニュメント

定休日

無休

料金

無料

交通手段

広島電鉄 原爆ドーム前駅から徒歩1分

公式HP

[広島市広域観光情報サイトひろたび]https://www.hiroshima-navi.or.jp/post/006127.html

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県