木曽川うかい

きそがわうかい

木曽川うかい
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2019年01月15日
TOURIST Guide編集部
吉川雅子
keyboard_arrow_down

木曽川うかいは、毎年6月1日から10月15日まで行われている鵜飼舟に乗った鵜匠(うしょう)が鵜を訓練し、川魚を捕らせる古代漁法です。木曽川での鵜飼自体は、702年には行われていた記録があり、犬山では1659年から幕府の御料鵜飼となりました。今では漁業として行う必要がなくなり、観光客にその文化的側面を見てもらうために行われています。鵜飼は一般的に夜行われますが、木曽川うかいは2003年から観光客が見やすいように「昼鵜飼」を行っていることでも知られています。そのため鵜飼をする鵜匠は、烏帽子(えぼし)に腰蓑(こしみの)という古式ゆかしい衣装を着て「ホー、ホー」という掛け声で10羽近い鵜(う)を操ります。また木曽川うかいには女性の鵜匠もいます。木曽川うかいは、木曽川の遊覧をしながら鵜飼も見られるように、船に乗って見るようになっており、木曽川からの犬山城も楽しめます。

スポット詳細情報
location_on

〒484-0081

愛知県犬山市犬山北白山平2

電話番号

[木曽川観光]0568-61-2727

スポット種類

自然

営業時間

開催期間 6月1日~10月15日

定休日

木曽川の増水時

料金

HP参照(プラン・時期により異なる)

交通手段

名鉄 犬山遊園駅東口から木曽川うかい乗船場まで徒歩約3分

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県