旧磯部家住宅

きゅういそべけじゅうたく

旧磯部家住宅
スポット紹介音声ガイド
更新日: 2019年01月15日
TOURIST Guide編集部
吉川雅子
keyboard_arrow_down

旧磯部家住宅(きゅういそべけじゅうたく)は、犬山城の城下町にある江戸期の建築様式による木造家屋です。犬山市内の町家(まちや)で唯一現存する「起り屋根(むくりやね)」が特徴です。起り屋根とは、屋根の傾斜が途中で膨らんだようになっているものです。神社などは屋根の途中が反っていて威厳を表現していますが、「起り屋根」はその逆で、控え目で優しい印象を与える建築様式と言えるでしょう。また、正面は2階建てですが、裏は平屋になっている「バンコ二階」と呼ばれる造りになっているのも見どころです。もともと柏屋という呉服商(ごふくしょう)だった家で、江戸期には間口の広さで税金が決まっていたことから、間口は7メートル程度と狭い設計になっています。奥行きは58メートルとなっています。現状の建物は手前から主屋(おもや)、裏座敷、土蔵(どぞう)、奥土蔵(てんじくら)、展示蔵の5棟で構成されており、いずれも国の登録有形文化財となっています。建築年代は1860年代後半で、1891年の震災で被災したことから、仏間から奥の部分は改築されています。床の間や書院など、江戸期には禁じられていた造りになっているのはその改築によるところと考えられています。また2005年には、現代の技術を使い、保存のための復原工事が行われています。

スポット詳細情報
location_on

〒484-0083

愛知県犬山市犬山東古券72

電話番号

0568-65-3444

スポット種類

観光名所

営業時間

9:00~17:00(入館は16:30まで)

定休日

12月29日~31日

料金

無料

交通手段

名鉄 犬山駅西口から徒歩約10分

※本ページに掲載の情報は掲載時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますので、各スポットの最新情報は必ず各スポットのHPなどでご確認ください。

都道府県

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県